日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

男の友情
友情

と言う物があります。
いつの時代でも我々の心をひきつける物ですよ。



しかし友達という概念は、
一概にどうこうと言えるものではありません。


幼馴染、クラスメイト、気の合う奴、親友

それとも、

打算で付き合う、利害が一致しているから一緒にいる、
仲間外れが嫌だからそこにいる



ひょっとしたら両方交じり合ってるものかも知れませんね。
人間の心は、なかなか割り切れるものではないですから。




しかし、私は男だからなのか何なのか・・・

下手をすると恋人よりも友達を優先するところがあるといいますか、
恋人と友達どっちを取るといわれたら、

まず間違いなく友達を取るだろうなと思いますよ。


恋人がいなくても人生寂しくなりますけど、
友達がいないと人生楽しくないですから。

私は・・・そんな人間ですよ。





まぁ、恋人いないんだけども。





ままま、それはいいとして、
結局のところ、私はいつまで経ってもその辺の感性が子供なんですよ。

なんだったら今でも友達で集まってワイワイ騒ぎたいですもん。
ゲームやら鬼ごっこやらしたりしてね。

でもまぁ、中々そんなことはねぇ・・・



まぁ、そんな風に思うからと言うわけじゃないですけど、
友達にはいつまでも変わって欲しくないなという思いがありますよ。

社会に出て結婚して子供ができて、
それでも変わって欲しくないなぁ・・・なんて思ったりします。

エゴなのかも知れませんがね。




まぁだからね、
ふとそんな変わらない部分が見えたりするとね、

とても嬉しくなるわけですよ。


こんな風に。 ↓










男の友情











唐突過ぎるだろ。





PS.そして懐かし過ぎるだろ。


B000068HDA半熟英雄

スクウェア 1992-12-19




↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

確かみてみろ!
自身の思想と言うか思考と言うか、
考えていること」と言うのは、

中々自分自身でもわかってなかったりする物ですよ。


そして、書くことや話すことによって、
確認するというか、

ああ、俺ってこんな考え方してたのか!

と気付かされることがあります。



私もこのブログを書き始めたからなのかどうなのかは分からないですが、
特に最近そんな風に感じることが多い気がします。

こんな下らないブログでもね、
文章を書くというのは、やっぱり落ち着いて見返すができますからね。

その文章だけじゃなく、自分自身のことも・・・


それにまぁ、毎日毎日、

何かしら面白いことないかなぁ~・・・

なんて考えてるんだから、脳も活性化しますわな。




まぁ、それだけじゃなく、
コメントのやり取りでも、

記事に対する参道や反論、
自分でも気付かなかった方向からの意見、
そしてそれに対するコメント返し、

こういうやりとりの中で、
自分自身でも気付いてなかった自分の考えに気づかされることが多いですよ。



やっぱりこれはね、
普段考えてないことを考えるからなんでしょうね。

やはり一人でものを考えても、
そこにたどり着かないといいますか、

引っかかり」や「きっかけ

が無いんですよね。


そこに他人との会話であったり、
コメントのやり取りやらがあったりして、

それを媒体として、
新しい方向、というか、更に深いところにまで考えが行くのだと思います。

そして更に自分自身を掘り下げて、
何か新しい発見や再確認をしたりするわけですよ。


いやぁ、人と言うのは、
自分でも中々自分のことを知らなかったりするものですからねぇ。




で、そんな風にね、
最近、色々と自分でも知らなかったことに気づいたり、再確認したりするんですが、

そんな中でも強く感じたのは、










俺、やっぱりおっぱい大好きだわ。










PS.これだけはホント間違いないわ。 うん。


1897376553Street Fighter 3 1: Ryu Final - the Manga

Masahiko Nakahira
Udon Entertainment 2007-12-26



↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

なんとかなるなる
今日から12月。
暦の上でも冬が始まりましたよ。

そして、受験生は追い込みの時期ですから、
風邪など引かないようにしてくださいね。



今からちょうど一か月前にね、
私の受験の体験談』をしましたけども、

そういうこともこの世には実際あったりするのでね、
最後まで気を抜かずに頑張ってください。




しかしね、世の中そういう事もあったかと思えば、
逆にいいこともあったりする物ですよ。

今諦めかけている人も、
諦めなければなんとかなる可能性も無きにしも非ずですよ。


今日はそう言う話をしましょう。





今では英語の資格と言うと、
もうほとんど『TOEIC』になると思うんですけど、

私が学生の時はね、
まだまだ『英検』という物が重視されてたんですね。



英検

というのは、4級までは筆記試験だけで合否が決まりますが、
3級から上はそこに2次試験の面接試験も加わるんですね。

そしてもちろん、面接は英語で行われるわけですよ。




3級まではぶっちゃけた話、凄く簡単なんですよ。

中学校程度の問題ですし、
be動詞と一般動詞程度が分かれば行けるぐらいだったはずです。

「has been」とか、出てこないですもん。



ってまぁ、それはいいんですが、
問題はやっぱり準2級からですよ。

ここから先は結構難しくなってきます。
高校程度の英語力が必須みたいですよ。




私も高校生の時、準2級を受けたんですよ。

そして、一次試験はまぁ、何とか通ったんですよね、
マークシート方式ですから、適当に埋めることもできますし。

まぁ、そんな感じでね、
幸運の女神様の助力もあって一次試験は受かったんですよ。



でも問題は2次ですよね。

これは適当に答えるというわけにはいかないですよ。
なにせ面接ですから。


だからまぁ・・・
正直、自信なかったんですよ。

そもそも英語をちゃんと聞きとれるかどうかがわからないですし。
文章を見て書くのと、聞いて答えるのはやっぱり違いますからね。




でまぁ、そんな感じで2次試験に向かったんですが、
案の定、何言ってるのかわからなかったんです。

面接官からして普通のおっさんでしたしね。 日本人の。



だからなのか何なのか、
何をしゃべってるのかわからないんです。

問題に答える以前に何を言ってるのかが分からない。

今から考えたら、
そのおっさんの訛りがきつすぎたのかも知れません。




まぁ、そんな感じだったもんですから、

Pardon?」(え、何ですか?)
I beg your pardon?」(何と言われましたか?)

って何度も何度も聞いたんですよ。



本当に何言ってるのかわからなかったんで、
本当に何度も何度も聞いたんですよ、

そしたらね、










おっさん、普通に日本語でしゃべってきました。










それでも何故か受かりました。
世の中、そんなこともありますよ。





だからお前も諦めずに頑張れ。





PS.いっつも『TOEIC』と『TOICE』で迷うんだよねぇ・・・


B0041I4KLWこどものおもちゃ 小学生編DVD-BOX1

video maker(VC/DAS)(D) 2010-11-26




↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:♪ヾ(。・ω・。)ノ゙ - ジャンル:日記

仮面武道会
人は様々な仮面をかぶって生活しています。

2枚目キャラ、3枚目キャラ、
真面目キャラ、おちゃらけキャラ、
姉御キャラ、ブリっ子キャラ、


そんな様々な仮面を・・・





しかし、

一人きりになった時、
ふとむなしくなった時、

仮面を脱ぎ捨ててしまいたくなることはないですか?



友達と楽しく喋っている時、
恋人と静かに時間を過ごしている時、

自分を俯瞰して眺めている自分に気付くことはないですか?





そこにいるのは、本当の自分ですか?










という前振り。





まぁ、そんなわけでね、

人間と言うのは、
その場所その場所で違う仮面をかぶっている物ですよ。

家族の前、友達の前、恋人の前、教師の前、部下の前、上司の前、

これら全てで同じ顔の人間なんていやしませんよ。



友達一つとったってね、

クラスの友達、部活の友達、塾の友達、

それぞれ違いますよ。



更に細かく分けることもできます。

幼馴染、小学校の友達、中学校の友達、高校の友達、
大学の友達、社会人の友達、他の場所で出会った友達、


これだって違います。
皆それぞれ、色んな顔を持っている物ですよ。





しかしね、
それは決して悪いことじゃないと私は思いますよ。

相手によって態度を変える

という言い方をすれば八方美人的でよくないと思う人もいるでしょうが、
逆に全く態度を変えないなんて言うのも考えものですよ。




例えば、

「あいつには言えるけど、こいつには言えない」趣味』だとか、
「先生には言えるけど、両親には言えない」悩み』だとか、

そういったもの、誰にでもあるんじゃないですか?
そしてそれは、決して悪いことじゃないでしょ?

全部含めて『自分』なわけじゃないですか。





・・・あ、ちなみに、

私にしか言えない相談とか、いつでも受け付けてますから。





まぁ、それはいいんですが。
その他にもね、

TPO

というんじゃ無いですが、
上司にも部下にも同僚にも、同じ態度で接していたら、

中々円滑に物事は進まないですよ。
その場その場で正しい態度・・・これも一つの仮面ですね。

正しい仮面がありますよ。





もっとわかりやすく言いますね。


ここに男(27)がいたとしましょう。

この男は大手電機メーカーに勤めており、
同じ部署で働いているやり手の女性課長(32)が彼に恋をしたとしましょう。

女性課長は仕事はバリバリですが、恋には奥手で中々一歩を踏み出せません。
上司として、年上としてのメンツも絡んできますからね。

それは仕方ないですよ。


そんなんですから、
好きな彼にも仕事で辛く当たってしまい、

男は自分が嫌われているのだと勘違いをしてしまいます。


それを男は同僚で同期の女性社員(26)にも相談します。
その女性社員は女の勘で女性課長の心を見抜いていますよ。

しかし、その女性社員もその男のことが好きですから、本当のことは言いません。
ここは強かに行きますよ。


分かっていながら強かに男の相談に乗り続け、
ついに二人は付き合うことになります。

社内恋愛は面倒な物ですが、周りも見て見ぬフリですよ。


そしてそれを知った女性課長は、
「私って駄目だなぁ・・・」なんて一人でお酒を飲むんです。


そしてとんとん拍子で男と女性社員の恋愛は進み、
結婚の話が出てきます。

しかし、そのとき、



~中略~



・・・こうして、すったもんだがありましたが、

男は誰が一番自分を愛してくれていたかに気づき、
女性課長もやっと素直になれたわけです。


人生ってタイミングですね。





・・・アレ? 何の話してましたっけ?


あ~、そうそう。

場面によって仮面を変えることの有用さ

でしたね。



そんなもんはアレですよ。

仕事中の女性課長(32)と、










ベットの中の女性課長(32)










の違いを想像すれば一発で理解できますよ。





PS.私もネット上とベット上では被ってる仮面が違いますよ。(ドヤ顔)


4041304385仮面舞踏会 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

横溝 正史
角川書店 1986-09



↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:.+.(♥´ω`♥)゜+.゜ - ジャンル:日記

copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。