日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

ダメ人間は電気羊の夢を見るか?
いや~・・・昨日はホント参ったよ。
朝の8時だと思ったら、夜の8時なんだもの。

冬だからね~、一瞬わからなかったよ。
まぁ、いい年こいて夜更かししてる俺が悪いんだけどね。


一昨日の日記、最後にトラップしかけてたじゃない?
いわゆる、怖い話の「猿夢」ね。

あの後、自分であのサイトの怖い話読んでてさ、
怖くて寝れなくなったんだよね。



ココ読んでくれている学生諸君、
世の中にはね、こんな情けない大人も存在するんだ。 ビックリしただろ?


まぁ、それはいいよ。
いや本当は全然よくないし、もっとしっかりしないとダメなんだけども。

でもとりあえずはね、別の話しようよ。


ん~・・・そうだな、
じゃあ今日は、睡眠時間についての話しようかな。

実は俺ね、

「人間は一体どれぐらい起きていられるのか?」
「そして、どれぐらいの時間眠れるのか?」


っていう実験したことあるんだ。





・・・「また馬鹿なことやってるよ」とか思った奴、

お前は本当に気にならないのか?
そして気になっても確かめもせずにノコノコ生きてきたのか?

人間の好奇心と探求心こそが世の中を前に進めてきたのですよ。
だからこそ人間は月にも行けたのです。 

『はやぶさ』も『あかつき』も、そうした人間の心の結晶なのです。 知の結晶なのです。



まぁ、私は数学11点の男ですが。





・・・え~話がそれました。

で、実験したのは高校生の時で、夏休みを利用してやりました。
まぁ、結論から言うと、

「起きていられた時間は約70時間」
「寝ていた時間は約30時間」


です。



まずは一日ぐっすり寝て、7時に起床、
そして母親に「今から何時間起きれるか実験するわ!」と伝えました。

そうしたら、

「わかった」

と返事が返ってきました。
ええ、そういう母親なんです。


1日目は楽勝でしたよ。
夜中もゲームやってたりして、

「1週間ぐらいいけんじゃねーの?」

とか考えてました。

若いですね~
アホですね~




2日目の夜でもう既にしんどかったです。
目がショボショボしてるのに、それでもゲームやってました。

だって夜中なんか他にすることないですもん。
気を抜くと寝てしまいそうですし。



寝りゃいいのに。



3日目はもう本当に、眠らないことで精いっぱいでしたね。

寝ころぶと間違いなく寝ちゃうんで、ずっと座ったままでしたね。
それでも眠りそうでしたけど。

もう夜中とか、ゲームとかする気もないですよ。
ただひたすら耐えてました。


で、

「何でこんなことやってんだろう・・・」

流石に私も気付いてですね、
3日目の5時辺りに眠りにつきました。



そして目が覚めると10時半辺りでした。

最初は、

「お~大体18時間か~!」

と思ったんですけど、違うんですよね。
辺り明るいんですよ、セミも鳴いてるし。

「え? じゃあたった6時間?」

そんなわけないんですよ。


次の日だったんです。




まぁ、家族に聞いた話ですと、
あまりにも動かないから、

「死んでんじゃないか?」

と思ったそうです。


何しても起きなかったと、
蹴り飛ばしても起きなかったと言ってました。


蹴り飛ばす必要はないと思いますけども。



しかしまぁ、大体どの程度起きていられるのかとかわかったわけですし、
やっぱり試してみてよかったと思いますよ。




まぁ、結局言いたいのはですね、
好奇心を大事にしてね、何でも試してみるってのは大事だよってことです。

特に学生の人はね、色々やっておいた方がいいですよ。
こんな馬鹿な実験もね、社会に出るとなかなかできなくなりますから。

学生のうちしかできないことっていっぱいありますよ。





PS.大人になるとね制服を着るのにもお金がかかるようになるんです。


4150102295アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

フィリップ・K・ディック カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン)
早川書房 1977-03-01



   ↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

スポンサーサイト

テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。