日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

3秒ルール
皆さんは地べたにそのまま座るってできますか?

私は普通にできますし、
なんなら道路に寝転がってそのまま眠ることだってできる人間ですよ。



まぁ、私はそんな人間ですが、

まぁ、普通の人、
と言うか、真っ当な精神を持った人ならね、

そんなことは普通しないんじゃないでしょうか?
(まぁ、私も可能なだけであって、別にしたいわけではないですけども)



まぁ、地べたなんてものは、
多くの人が靴のまま歩き回っていますし、
雨が降れば何が流れているのかもわかりません。

そう考えれば普通は座りたくないでしょう。
実際、座り込んでいる人なんてそうそうは見かけませんよ。




しかし、
階段に座っている人は普通に見かけます。

これは何故でしょうね?



さっきも書いた通りの理由、

多くの人が靴のまま歩き回っていて、
雨が降れば何が流れているのかもわからない、
すなわち、不潔である。

その理由はそっくりそのまま階段に対しても当てはまります。
でも、地べたに座るのと階段に腰掛けるのとでは感覚として違っている。



これは何故でしょう?

何故階段には普通に座れるんでしょう?



まぁ、恐らくは、
腰かけやすい形であるというのが最大のポイントですよね。
しかも上り下りして疲れているところにそれですよ。

ちょっとくらい構わんだろ」的な心の緩み、
地べたじゃないからOK」的な自己に対しての甘え、

そういう物が出るんでしょう。
人間と言うのは低きに流れやすいものですから。




そうして考えたとき、
同じようなモノやコトは結構ありますよ。

本質としては同じなのに、何故かそれは許される。
上っ面だけほんの少しずれただけなのに、何故かそれは別物と見られる。

そういった事柄が。










床に落とした食べ物は、3秒以内でも普通に汚いからな?










PS.靴下を脱いで一日ほったらかしても、空気殺菌なんてしないからな?


4757304587No.1メンタルトレーナーが教える できる人の3秒ルール

西田 文郎
インデックス・コミュニケーションズ 2007-06-21



↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

完全版
実は昨日の日記とか、
ちょっと書き直したんですがね、

気づいてました?



まぁ、昨日に限らず結構書き直したりしてますよ。

昨日みたいに時間がない時にパッと書いたりした時は特にそうなんですが、
後から気に入らないところを書き直したりしてます。

知らねーよそんなもん」って感じですか?




しかしね、こんな楽しみ方もありますよ。

手塚治虫や宮沢賢治なんかは、
いったん完成した作品に後から手を加えることはよくあり、

その都度、作品の内容が変わっていたりします。

その違い自体を楽しむ。
そんな楽しみ方がありますよ。

今やってるドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』でもそんな話がありましたね。



これはこういうブログに対しても言えるんじゃないでしょうか?

ブログではないですが、
昔、テキストサイトと呼ばれたもので、

侍魂

と言うサイトがありました。
テキストサイトの最大手も最大手ですよ。

知らない人も『先行者』とか聞いたことあるんじゃないですか?



そしてその侍魂と言うサイトに張り付き、
更新するのを待つだけでなく、
更新ボタンを連打して、誤字や改変するのを眺めて楽しむ。

そんな熱心なファンが結構いたそうですよ。
凄い話ですね。



まぁ、そんな個人が個人で書いた日記のような物にを見るために、
一日に数十万人とかやってくる時代だったので、そういう現象が起きたんでしょう。

ちなみに、よく勘違いされますが、
私は侍魂には影響を受けていません。

こんな感じで改変を多くし、オチやらを大文字で書くスタイルですが、
違うところから影響を受けています。

というか、私の方が侍魂より若干早くテキストサイトを立ち上げていました。





人気は比べものにはならないけどな。





まぁ、そんなことはいいんですよ。

ただ、これは結構私の拘りにかかわってくる話なので、
その辺はちゃんと訂正しておきます。



ままま、それはいいとして、

どうですかね?
皆さんはそういう細かい点と言うのに目は行きますか?

変化と言うのは劇的に訪れるものではなく、
末端から徐々に、

そして積み重なってまったく別のものに変化している。

毎日見ていても気づかず、
気づけば一年前と違っている。



いや、一年ですら変化は些末で、
十年かけてもやっと微妙な変化、

しかし、確かに変わっている。



それが100年続いたなら?

死ぬまで続いたなら?










俺の母ちゃん、まだ背が伸びてるんだよね。










PS.一年に0.3センチとかだけどさ。


4088599012SLAM DUNK(スラムダンク) 完全版 全24巻・全巻セット (ジャンプコミックスデラックス)

井上 雄彦
集英社 2002-03-22

↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

レモン賛歌
小学校に通っていた頃、
国語の授業の時にいわゆる名作と呼ばれるものを読まされますよ。

その時すでに面白いと感じた物もあれば、
何がいいのかさっぱりわからなかった物もあります。

私にとっては

智恵子抄

がまさにそれで、
何がいいのかさっぱり理解してませんでした。



が、しかし、
今読み直したなら、

こんなにいいものだったのか!」って感じですよ。

全然気づかなかった
こんなもんを子供に読ませても分かるわけがないんです。

レモンがどうした」ってなもんですよ。





・・・しかし、

居たんでしょうねぇ。
子供の時からそれの良さに気付いていた人間が。
その素晴らしさに心を震わせていた小さな魂が。



私は子供の時、頭がいいと多少うぬぼれていました。

何とくだらない。
ただ多少ませていただけですよ。

それだけの、本当のそれだけの普通の子供でした。



この世の中にはいるんですよ。

そんな私より上の感性を持った人が。
子供の時分から今の私と同等の感性を備えていた人が。




いるんでしょうねぇ。
そういう天賦を持った人と言うのは。

子供の時から真の意味で大人と同等の頭脳・感性・発想をするような人が。



世に名を残す天才と言うのは、
若い時分から天賦を見せることが多いそうですよ。

今この時にもどこかにはいるんでしょう。
そういう凡たる大人を超える様な才気の片鱗を覗かせる子供が。



ところで・・・










今の子供って凄いスタイルいいよね。










明らかに昔より足とか長くなってるもん。





PS.やっぱアレかな? 食い物のせいかな?


4101196028智恵子抄 (新潮文庫)

高村 光太郎
新潮社 2003-11



↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:どうでもいい話 - ジャンル:日記

サクラチレ
観光シーズンとか無くなったらええねん。





























PS.疲れた。


4758410208サクラチル

小川 竜生
角川春樹事務所 2003-11



↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。