日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

胸が土器土器
人類で一番勇気があった奴は、最初にウニを食べた奴

なんてね、そんな風に言ったりしますよ。

確かにあんなグロテスクなものを、
わざわざ海から取ってきて食べるとか、

よっぽど飢えてなきゃ・・・いや、飢えてたって多分しないでしょう。



私が思うに、飢えではないですね。
アレを食ったのは勇気と好奇心でしょう。

ひょっとしたら美味いかも・・・

そんな感じで食ったんですよ、きっと。
ノリですよ、ノリ。 人間なんてそんなもんです。

絶対他にも食うものはたくさんありましたって。



昔の貝塚なんかからはね、
鹿だとか貝だとか、

そういう今食べても美味しいものしか出なったりするそうですよ。
昔っから人間は美味いもの食ってたんですよ。



まぁ、そんな感じで食べ物に関しては、

何でこれを食おうと思ったの?」とか、
どうやってこの調理法思いついたの?」とか、

そんな風に思うような物ってたくさんありますよね。



焼くや煮るまでは誰でも思いつきそうですけど、

蒸す

辺りになるとね、
私は正直、思いつく自信はありませんよ。

やり方を知ってるから普通にやりますけど、
何も知らなかったならね、水蒸気で加熱するなんて発想は中々・・・



まぁでもね、今の研究じゃ、
縄文時代からすでに相当に高度な調理法があったらしいですよ。

焼く・煮るだけでなく、
蒸すとかもやってたらしいです。

凄いですねぇ・・・
本当に人間と言うのは、食に対しては貪欲ですよ。





・・・しかしまぁ、調理法もそうなんですけど、

土器

っていう物自体もね、
考えてみればすごいものですよ。

粘土をこねて火で焼くなんてね、
誰がどうやったら思いついたんでしょうかね?



私が原始人だったなら、
日々の生活に追われて狩りばっかりやってるでしょうよ。

粘土をこねようなんて思いつくはず有りません。

むしろそんなことしてる奴を見つけたら、
村長に言いつけて罰を与えてもらうでしょうよ。 

訳の分からんことしてないで働け!」っつってね。

あ、ちなみに、自分では怒りません。
原始時代だろうと私は私ですから。 そういう設定ですから。




まぁ、それはいいんですが、
そう言う風に考えたらですよ?

最初に土器を作った人は、一体どういう思考をしてたんでしょうかね?



粘土をこねるまではまだ理解もします。

何かの拍子でそういう物が存在するというのを知ることはあるでしょうし、
そしてそれで器を作ってみようと考えることもあるでしょう。

ここまではわかりますよ。



でもね、それを乾燥させて、更には火で焼いてみようって思いますかね?
それも偶然でしょうかね?

窯に至ってはもはや理解すらできませんよ。
何で焼き上がりに空気穴を閉じると、更に固くなるとかわかったんですかね?

偶然ではありえないですよ、こんなこと。





全くの0から1が発生する瞬間と言うものは、本当にすごいものですよ。
1から10を作り出すことよりも遥かに難しいことです。

天才と言うのはひょっとしたら、
0から1を作り出すことができる人のことを言うのかもしれませんね。

私には・・・無理でしょうねぇ。



そして、そんな風に考えたなら、

訳の分らない物、
訳の分らない行動をしている人、

そんな中にこそ、次の1が隠されているのかもしれません。
我々には訳が分からないだけで、訳はきっとあるんですよ。










でも寝言には訳なんかないよね。










PS.「眠たい・・・」って、今寝てるやん。


4787712144縄文土器ガイドブック―縄文土器の世界

井口 直司
新泉社 2012-12-05



↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/04/28 (日) | | #[ 編集]
縄文式土器
>>?さん
なるほど・・・
最近本当にFcの調子が悪いようですねぇ。

23時とかに不調になられると凄く焦るんですよね。
時間的な話として。
2013/04/29 (月) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。