日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

エアギター
クリス「ハイ、どうも~! 『クリスとトーフ』のクリスで~す!」

トーフ「ハイハイ。 どうも。」

クリス「僕ら月一でこうやって漫才させてもらっているコンビで・・・
    ああ、コンビと言っても同一人物、良い心と悪い心でやっております。」

トーフ「そんな感じで今日もやっていきましょうかね。」

クリス「やっていきましょう。」

トーフ「じゃあまずは何しよう?」

クリス「いつもは最近あった話から始めるな。」

トーフ「最近? 何にもねぇなぁ。」

クリス「無いなぁ・・・」

トーフ「ん~・・・あ、あったあった!」

クリス「お、何があった?」

トーフ「このブログが1000回を迎えた!」

クリス「おお、そんなんもあったなぁ。」

トーフ「いや、これは大したものですよ。」

クリス「そうですね。」

トーフ「本当に大したものです。」

クリス「そうですね。」

トーフ「いや~、大したものですね。」

クリス「何回言うねん!」

トーフ「何回でも言うよそんなもん。」

クリス「もうええやろもう。
    ていうかさ、999回の時も同じようなことやってたやん。」

トーフ「何回でもやるよそんなもん。」

クリス「何でやねん!」

トーフ「このネタであと2回は引っ張らんと。
    ついでに言っとくけど、3周年記念も3記事分くらいは引っ張るよ。」

クリス「何でやねん! そういうのは1回だけやからいいんじゃないの?」

トーフ「あのなぁ、1ネタで1記事だけやってたらな、
    ネタなんかナンボあっても足りへんぞ。」

クリス「そうかも知らんけどもやな。」

トーフ「あのね、よく考えて。 これ見てる読者も一緒に考えて。」

クリス「そういうのはいいから。」

トーフ「俺らっていうか俺はさ、1日1個何かしら出してるのよ?
    アウトプット量半端ないよ?」

クリス「俺って言うなよ、お前。」

トーフ「でも間違ったことは言ってないやろ?」

クリス「そうやけどもやなぁ・・・」

トーフ「でもさ、そう考えたらさ、漫画家とかって凄いよね。」

クリス「ん? どういうこと?」

トーフ「だって学園物のマンガとかさ、同じネタで違うこと描かないかんねんで。」

クリス「ああ、クリスマスとか運動会とかな。」

トーフ「そうそう。」

クリス「そう考えたらすごいよね。」

トーフ「これはちなみになんやけどな、
    学園物って時間とともに年取る奴と取らん奴あるやん?」

クリス「ああ、その辺も難しいよね。」

トーフ「卒業と同時に終わったりするのが物語として綺麗やけど、
    人気があって終わられへんとかあるやん?」

クリス「あるなぁ。」

トーフ「その一つに『奇面組』っていう漫画があるんやけど、その作者なんか、
    タイムマシンにのって卒業年の最初に戻るっていう設定で漫画描いてたんやで。」

クリス「へぇ~・・・」

トーフ「で、前に描いてないイベントを描いて行くねん。
    でも同じ一年やから、ちょっと描くことなくなっていくのよ。」

クリス「凄いなそれ。」

トーフ「今から考えたら凄いよね。」

クリス「サザエさん時空ともまた違うもんな。」

トーフ「アレは同じ年とかじゃなくて、そういう空間やからな。」

クリス「なるほどなぁ・・・」

トーフ「ちなみに俺らにはそんな都合がいい設定はないからな。」

クリス「というと?」

トーフ「俺らはこの1000回の間、普通に約3歳年取ったからね。」

クリス「リアルな数字やなぁ!」

トーフ「そこで見てるお前、お前も他人事じゃないからな?」

クリス「そんなこと言わなくていいから。」

トーフ「いや、言っとかなイカンわ。
    ・・・いいかよく聞けよ、20超えたら3年なんかあっちゅーまやからな?」

クリス「このブログ見てたら3年経ってたとか、嫌ややなぁそれ。」

トーフ「いや、もっと嫌なことあるやろ。」

クリス「え、何よ?」

トーフ「ブログ書いてたらいつの間にか3年や。」

クリス「青年はいつのまにか中年になっていた! ・・・もうええわ。」

クリス・トーフ「どうも、ありがとうございました~!」










PS.奇面組は夢オチじゃなくて、ループオチだから。


B000FGG3ZKダイノジ I LOVE TOKYO [DVD]

R and C Ltd. 2006-06-28



↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
昔チャンピオンに、「750ライダー」という長期連載マンガがあってのう……そこでは、同じ一年という設定内で、「クリスマスの話を4回」やってしまったという伝説が残っていてのう。

作者はそれに関して、「同じクリスマスを違った側面から描いた」と主張していたが、昔は豪快なひともいたもんじゃのう……。げふげふ(じじい)
2013/08/21 (水) | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
大地洋輔
>>ポール・ブリッツさん
名前は聞いたことありますが、
連載中は流石にまだ産まれてないですねぇ・・・

しかしまぁ、調べてみたら、
10年後の自分たちに向けたタイムカプセルを埋めて連載終了ですか?

なかなかきれいな終わり方をしているじゃないですか?


10年前の俺、世の中には知らないことがまだまだいっぱいあったよ。
2013/08/21 (水) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。