日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

炎のショット
学生の時と大人になってからとでは、
モテるタイプが違うというのは、よく言われる話ですよ。

そして、学生のうちでも時代によってモテるタイプは違うわけでして、
まぁ、一般的なイメージとして、

小学校:足が速い奴
中学校:面白い奴
高校:カッコいい奴
大学:頭がいい奴
社会人:金もってる奴


こんな感じじゃないでしょうかね?



これは中々面白い話だと思いますよ。

その年齢の男女が、
どんなものに憧れるのかというのは、

精神の成長段階とも関わってくる話なんじゃないでしょうかね?




しかしまぁ、それだけに、と言いますか、
成長してしまった今から考えたなら、

意味不明な価値観もありますよね。



ここでは小学校の時にモテる奴として、足が速い奴を挙げましたが、
他にも、ドッヂボールが上手い奴がモテた思い出がありますよ。

何で小学生はあんなにドッヂボールが好きなのか・・・





今の若い子たちは、ドッヂボールって知ってますかね?

長方形のコートを二つにわけ、
その線から出ないようにしてボールを当てあう競技ですよ。

そういえばハンター×ハンターにも出てきましたね。



今の子供たちは、ドッヂってやるんでしょうかね?
私が小学生だったときは、男女関係なく一緒にやってたもんですが・・・

まぁ、力が弱い小学校のときだからできたんでしょうねぇ。

力が強くなってくる中学生からは難しくなってくるから、
見向きもされなくなるのかもしれません。





・・・ところで、そんな私の小学校時代なんですがね、

丁度その頃、

ドッジ弾平

というアニメがあったんですよ。
その名の通りにドッヂボールを題材にした作品なんですがね。



このアニメのお蔭と言うかせいと言うか、当時の小学生の間で、
ドッヂボールが物凄く流行ったんですよ。

御多分に洩れず、私の小学校もそうだったんです。



私の小学校でもドッヂ弾平が流行っていたものですから、
真似て色々なことをやり始めるわけなんですよ。

高い所からボールを投げてみたりだとかね。



で、作品の中の言葉として、

スーパードッヂボール

というルールのドッヂボールがあるんですね、
まぁ、そのルールについてはとりあえず措いておきますが。



で、それを真似た・・・わけではないんですが、

スーパードッヂ

と名付けられた、
我が小学校独自のドッヂボールのルールが出来上がったわけです。



どんなルールかと言いますと、

コート無し

これだけですよ。

もうホント、どこに逃げてもいいんですよ。
グラウンドならどこまで逃げてもいいんです。



だから当然、逃げる側はどこまでも逃げるわけです。
そしてボール持ったやつは誰か一人をどこまでも追い掛け回すわけです。

逃げて逃げて、追い詰められたら壁を登ったりするんです。
ルール上はありですから。



そうするとまぁ、当然の結果なんですが・・・










滑り台に逃げた奴が、思いっきりぶつけられて落っこちたんだ。










そらもう、『スーパードッヂ禁止令』よ。





PS.どんな学年でもそういうのあるだろ。
   『パロスペシャル禁止令』とか『パッション屋良禁止令』とか。


B000068H5R炎の闘球児ドッジ弾平

サンソフト 1992-07-31

↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:たわいもない話 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
モテる定義・・・まさしくその通りで思わずコメントしちゃいましたw
小学校の時は、ほんと足の速い子がモテモテでしたね~。大人になった今では、そんなこと本当にまったくどうでもいいですもんwww
2013/09/10 (火) | URL | くるみ #-[ 編集]
一撃 弾平
>>くるみさん
どうも初めまして、クリストフと申します。

まぁ、私もそう思うんですが、
しかし、足が速いということはスポーツができるということですよ。

スポーツができる奴は大人になってももてます。
面白い奴もモテます。 カッコいい奴も。 頭がいい奴も。
そして金もってる奴も。

結局、モテる奴はモテるということなんでしょう。
これら全てを兼ね備えてる奴とか、いますからねぇ。
2013/09/11 (水) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。