日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

The body
私が初めて動物の死体を見たのは、
やがて7歳になるという 6歳のときだった。

1990年代の出来事だ。 はるか昔のことだ・・・





















と、言うわけで、


今日の日々是普通が始まりましたよ。
そんなわけで(どんなわけで?)、今日はこんなトラックバック。 ↓


こんにちは!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「子供の頃によくやった遊び」です皆さん子供の頃は何をして遊んでましたか?いろいろあると思いますが私がよくやっていた遊びは【ケイドロ】です警察と泥棒にわかれて鬼ごっこのような遊びですがとーーーーーーーーってもおもしろかったです今やってもはしゃげ...
トラックバックテーマ 第1248回「子供の頃によくやった遊び」




子供のころによくやった遊び


ん~・・・

私はまだ20代の半ばなんですが、
何故か私の小学校では『めんこ』が流行ってましたねぇ。
(ちなみに、関西弁では『べったん』と言います。)

1年生から2年生に流行ってて、
3年生くらいになったら飽きて辞めるんですけど、
新しく入ってくる1年生がまたやり出すんですよ。

まぁ、そんな感じでしたね。




まぁ、それも一つの思い出なんですけど、
子供のころによくやった遊びと言うと、

一つの思い出があるんですよ。





それはですね、
私の学校には床下があったんですよ。

普通だったら鉄格子がはまってて入れないようになってるんですけど、
一ヶ所だけ外れてて入れるようになってたんですね。

で、そんなもん見つけちゃったもんですから、
探検しようぜ!」ってなったわけですよ。 だって小学生だからね!



でまぁ、
床下に入り込んで、うろちょろしてたらですね、

なんかこう・・・変な形をした石を見つけたんですね。

掌より少し大きいくらいで、
妙に平べったくて、ちょっととげとげしい感じ、

そんな石を見つけたんです。




なんだろう?

って思ったんですが、
床下は薄暗くてよくわからないんですよ。

なので、外に持って行ったんですね。

そうするとまぁ、形とかがハッキリわかったんですがね、
それ犬の骨だったんです。

しかも顔の上の部分だったんですよ。

床下にはいりこんだ犬が、
そのままそこで死んじゃったんでしょうね。




うわぁ!

って感じでみんな叫んで逃げ出して、
で、戻ってきてみんなで話し合ったんです。

まぁ、こんな感じで。 ↓



どうしようか?

元に戻す?

床下はどうする?

いや、それやったら骨全部集めよう。



・・・という感じで話し合った結果、

むしろ骨を全部集めよう

と言う結論が出たんです。



正直に言うと、ワクワクしたんですよ。
なんかこう・・・宝探しみたいな感じでね。

もうその日から連日みんなで集まって床下に入って骨を探す日々ですよ。
鉄格子のから光が入ってくる場所を『隠れ家』みたいにしたりね。

まぁ~、楽しかったですよ。


体の大きさの関係で、
私たち、子供しか入ることができないですからね。

そう言うのもなんかこう・・・楽しかったですね。



この遊び、その名もズバリ、

『骨探し』

って呼んでました。

ひょっとして、この記事を読んだ人は、
同級生だったらバレるかも知れないですね。




まぁでも、いつまでもそんな遊びが続けられるはずもなく、
鉄格子は元に戻されちゃったんですがね。

その時は、そこまでに集めてた骨を、
皆でこう・・・供養ではないんですが、

今までありがとう

みたいな気持でその床下に置いてきた、
そんな記憶がありますねぇ。





そんな私の昔話です。





PS.『The body』って『スタンドバイミー』の原題ね。


4102193057スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)

スティーヴン・キング Stephen King 山田 順子
新潮社 1987-03-25



↓のランキングもよよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
俺は子どもの頃は・・ゲームメインで遊んでた気がしますねぇ・・

ファミコンで最初に買ってもらったソフトが「ドクターマリオ」だったのを未だに覚えてます。
・・あのゲーム、パズルジャンルで考えると難易度高すぎるんですけどねw

あまり外で遊ぶような事はしない子どもでしたねぇ・・
2011/08/04 (木) | URL | 月下☆美人 #-[ 編集]
ありがとうと供養ってちゃんとしてる
田舎の子だったんで、川や田んぼの水路で遊んでました。で、水辺の生き物を捕ったりしてね。オタマジャクシとか。
お話聞いて、皆で捕った雷魚が亡くなった時は、お葬式やったなぁって、思い出しました。
後、草、食べたり。
2011/08/04 (木) | URL | 雨月 #-[ 編集]
呪われそう
よく犬のだって分かりましたね。小1だから逆に怖くなかったわけですね。何か呪われそうで怖いです。
2011/08/04 (木) | URL | Aspecchi #-[ 編集]
遊びの題名を見たらすこし狂気を感じますが、なんかいいことしてるような遊びですね(笑
もしかしたら誰か人間の骨だったかもしれません・・・っていうことはないんですか?w
2011/08/04 (木) | URL | Hydroxyd #E6kBkVdo[ 編集]
頭蓋骨
>>月下☆美人さん
私もファミコン貰ってからはそればっかりやってましたよ。
でもまぁ、外で遊ぶことも多かったですけどもね。

中でばっかり遊んでると、親があまりいい顔しないのは、子供でも分かりましたし。

>「ドクターマリオ」

これ、母親連中凄く上手いですよね。
私の母親もこれだけはやっていて、私よりうまかったですよ。


>>雨月さん
なるほど・・・
私は近くのドブ川でザリガニとか釣ってましたね。

その後どうしてたかは・・・あんまり覚えてないですけども。

>後、草、食べたり。

私、5歳くらいの時にその辺の草食べまくってお腹壊したことありますよ。
その頃から気になったことは試して見ないと仕方ない部分がありました。

今は大分落ち着きましたけども。


>>Aspecchiさん
もう全く人間の骨とは形が違ってましたからね。

猫かとだったらあり得るかも知れませんが、
でもやっぱり顔の骨の長さとかから考えて、犬でしょうね。

>何か呪われそうで怖いです。

まぁ、今だったら怖いでしょうねぇ。


>>Hydroxydさん
まぁ、冷静に考えたら別にいいことでもなんでもないですけどもね。
だって面白がって集めてただけですから。 子供ってそんなもんですよ。

>もしかしたら誰か人間の骨だったかもしれません・・・っていうことはないんですか?w

まぁ、それはないでしょうね。
明らかに人間の骨とは違ってました。

だって一番最初からして顔面の骨ですからね?
2011/08/05 (金) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。