日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

21g
もうすぐお正月です。

お正月と言えばめでたいもの。





・・・果たしてそれだけでしょうか?





トンチの一休さんで知られる、一休宗純は、
正月になると、しゃれこうべをついた杖を持ち歩き、

ご用心、ご用心

と言い回りつつ歩いていたそうですよ。



これはどういうことかと言うと、
昔は数え年で、正月の度に歳が増えて行ったわけなんですね。

そして歳をとるということは、
逆説的に残りの寿命はなくなっていく、

そういうことです。



門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし

こんな歌も残しています。

どんな人間でも、今がどうであっても、
いつかは人間死ぬということです。





人は死ぬ時、21グラム軽くなるという話があります。

まぁ、それの信憑性は私にはわかりませんが、
たまにふと考えることがあるんですよ。



死にたくないと思って死ぬのと、
もう死んでしまいたいと思って死ぬのと、

どっちが楽なんでしょうねぇ?





世の中には勝ち組と呼ばれる人がいます。

何もかもがうまくいって、
何もかもを手に入れて、
何もかもが自分の思い通りになって、


そういう人は死ぬ時、
どういう気持ちになるんでしょうかね?

恐ろしいほどの苦痛なんじゃないでしょうか?




そして逆に、
自分で自分の命を絶つ人がいます。

どうしても行き詰まり、
どうしてもうまく行かず、
どうしても生きることが苦痛で、


そういう人は死ぬ時、楽なんでしょうか?





・・・そうとは思えないですよね。

やはり死にたい人間なんていないですよ。
生きてはいたいんですよ。 生物なんですから。


一休さんも、臨終の際、

死にとうない

そう言って亡くなったそうですよ。



誰でもいつかは死ぬ、
そして誰しもが怖い。



たまにはそんなことを考えてみるのもいいんじゃないでしょうか?





PS.ご用心、ご用心。


B000F4MPEK21グラム [DVD]

ギジェルモ・アリアガ・ホルダン
東北新社 2006-05-25



↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
やっぱり、どう考えても、死にたくはない。
生きるのに、どうしても無理でも、
モガキながら、意地でも死にたくないと、
シガミツクのだろうと、容易に想像が出来ますw

年取ると、より、その生きる時間の短さに、
恐ろしさすら、感じてしまいます。
2011/12/29 (木) | URL | 田中雨月 #-[ 編集]
勝ち組は
勝ち組は「楽しい人生だった」と行きそうな気もしますが(笑)。
2011/12/29 (木) | URL | Aspecchi #-[ 編集]
先日聞いた話
「いま65歳、10年前に女房に先立たれ弱ったところに
友人に頼まれて保証人になって、その友人が夜逃げして
1億円からの財産を失いずっと早く死にたい
と言ってたんだけれど
心筋梗塞で病院に運ばれた時に
俺医者に助けてくださいっていっちまったんだよね
今でも何であんなこといっちまったのかわかんないんだ」
表面の意識は生きるのが辛いと思っても
深いところでは生きる執着があるのだと思いました。
それが生命と言うものだろうと思っています
2011/12/30 (金) | URL | 間取作造 #Yeq.B2X2[ 編集]
>>田中雨月さん
なるほどそうですかぁ・・・

まぁしかし、いつか死ぬといって、
何もしないのでは死んでいるのとおなじかも知れません。

「永遠に生きるかのように学べ、明日死ぬかのように生きろ」

ガンジーの言葉ですよ。


>>Aspecchiさん
そうですかね?
私はハラワタ千切れそうなほどの苦痛だと思いますけども。

まぁでも、満足だったと思って死ねる人間が真の勝ち組かも知れませんねぇ。


>>間取作造さん
そうですねぇ。
死にたいと思っても誰も殺してくれませんし、自分でも中々死ねないんですよね。

だから色々と困るんですが・・・

まぁでも、一休さんですら執着から抜けられなかったんだから、
普通の人間なんてそれでいいんじゃないですかね?
2011/12/30 (金) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。