日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

コンプレックスを叩き潰せ
人には趣味や好みと言う物があります。

丸顔が好みだとか、細面が好みだとか、
太めが好きだとか、スレンダーが好きだとか、
年上が好きだとか、歳下が好きだとか、

そう言うのがあります。


若い女の子でもね、
チャラチャラした若者より、おじさんが好きと言う人が結構いますよ。





しかし本当にそうなのか?





世の中のおじさんなんて一般的な話をすると、

デブで禿げてて油ギッシュで酒に酔っては千鳥足・・・

まぁ、そんなんですよ。
そういうおじさんでも好きなんですか?

そうじゃないでしょ?



イメージ化したおじさん、
いや、ここはあえて『おじさま』と呼ばせて頂きますが、

無口で渋くてダンディーで金があって包容力があって・・・

そういうおじさまが好きなんじゃないですか?





リチャード・ギアが好きだからっておじさん好きとか言うな!





・・・まぁ、そういうことですよ。


これは他のことについても言えます。
例えば、

ロリータコンプレックス

と言う物があります。
いわゆる『ロリコン』、幼い子供が好きと言う性癖ですよ。
(まぁ、細かいこと言うともっと色々あるんですけど。)


そのロリータコンプレックスの語源となった、
小説、『ロリータ』では、

中年の主人公が12歳のロリータに恋をしますが、
現実のロリータは主人公の理想の恋人になることを拒みます。

現実に幻影が打ちのめされたと言ってもいいでしょう。



だから結局のところはイメージですよ。
イメージとしての年上や歳下、

それが好きなんじゃないですか?


だから理想像が最初にあって、
それに違い年齢を後から当てはめてるだけですよ。

容姿だけの話じゃなく、
精神的な円熟や成熟、素直さや幼さ、

そう言うのが最初にあるわけです。


分かりやすく言うなら、

15歳でおっさんみたいなのもいれば、
50超えても荒木飛呂彦みたいなのもいるってことですよ。

どっちが年寄りかわかりゃしませんよ。
おじさん好きはどっちを選ぶんですか?



もっと分かりやすく言うなら、
ここにロリコンの男がいるとします、

そのロリコンの男は、

ゾンビみたいな顔した女の子と、
超綺麗な30代の人妻だったら、

どっちを選ぶのか?って話ですよ。
おそらく、世の中のロリコンの9割は後者を選びますよ。




だから結局のところ、

その人間は自分にとって有りか無しか

で判断するわけですよ。




だから私は行けると思ったなら、
50でも60でも行きますよ。



更に言うなら、





男だって行きますよ。





行けると思ったならね。





PS.でも、下の限界は法律が許すまでということで・・・


4102105026ロリータ (新潮文庫)

ウラジーミル ナボコフ Vladimir Nabokov
新潮社 2006-10



↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
下から三行目、それはあかんですよ。

ただ、好みを年齢で語るべきではないというのはわかります。
個人個人で判断すべきだと。
2011/11/08 (火) | URL | 椿山漸 #jiHzz26.[ 編集]

解りあえれば。
いいえ、解ろうとしてくれれば。

2011/11/08 (火) | URL | tsugumi #-[ 編集]
歳の差婚
歳の差婚が増えてるのは、経済の安定を魅力に感じてではないかとどうしても思えてしまいます。金の切れ目が縁の切れ目にならなければいいのですが。
2011/11/08 (火) | URL | Aspecchi #-[ 編集]
私はどちらかと言うと上の人が好きです。
お姉さんが好きです。

・・・・・・24歳くらいがベストですよね。偉そうなこと言いますけど。

ちなみに45歳くらいのシブいオッチャンも好きです。
2011/11/08 (火) | URL | 北向きの窓 #-[ 編集]
男は・・・

やめといた方がいいですよ(笑)

でも、ちょっとうけました。
2011/11/09 (水) | URL | ましゃ #-[ 編集]
ブログに足跡ありがとうございます(≧∇≦)


好きになった人が必ずしも理想の人とは限りませんよね

結局理想は理想であって

現実に好きになった人はちょっと違うって人も多いと思いますし

それに容姿も中身もピッタリ理想的な人と出会えるなんてこともほとんどないでしょうし


長文失礼しました
2011/11/09 (水) | URL | 大聖 #-[ 編集]
マザーコンプレックス
>>椿山漸さん
別にアカンことはないですよ。
私は法律が許す限りはOKですよ。

それ以外で駄目なのは、友達の彼女と母親だけです。
それだけは無理です。


>>tsugumiさん
わかりました。
あなたを教えてください。

私も私を教えますから。


>>Aspecchiさん
まぁ、それもあるんでしょうね。
年収300万が結婚の壁だとか聞いたことあります。

今の若い男は金がないですから・・・

しかし今の若い女の人はそれを知ってますから、
そういう面じゃバブル期の人よりは真っ当ですよ。

良くも悪くも手堅くなったということでしょうかね。


>>北向きの窓さん
24でお姉さんですか・・・
私はもう年上ですよ。

しかし、アニメとか漫画とか、
そういうののお姉さんキャラっていつまで経ってもお姉さんですよね。

とっくに年上なのになぁ・・・


>>ましゃさん
何でですかね?
子供は無理ですけど、それ以外は何も不都合ないですよ。

そういうところでの世間体は全然私は気にしませんよ、いやホントに。
ただ、両親には謝る必要がありますけども。


>>大聖さん
どうも初めまして、クリストフと申します。

>好きになった人が必ずしも理想の人とは限りませんよね

まぁ、そうでしょうね。
理想像ってのはありますが、それがなかなかいないというのではなく、

色々いいところありますもん、人間って結局。
駄目な所もそれ以上にあったりするんですけども。
2011/11/09 (水) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。