日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

おれはひとりの修羅なのだ
今日は『母の日』ですねぇ。



私の母親はね、立派な人ですよ。

強くて、正しい。

本当に立派な人間だと思っています。


あの両親から、
何で私みたいな人間が出来たのか・・・




・・・私はね、正直な話、
この世のことなんて心底からどうでもいいんですよ。


誰が何を言おうが何をしようが、
どんな世の中になろうが、

そんなことは本当にどうでもいいんです。


世の中がどうであろうと自分が自分であればそれでいいんです。
私は自分にしか興味が無いんですよ。




そんな中で、
両親だけが心のどこかで常に引っかかっていました。

こんな変な人間が、
曲がりなりにもこの世の中で人の道から外れずにこれまで生きてこられたのは、

これは両親のおかげだと断言できます。



世の中の常道から外れた道を歩もうかと悩んだときも、

もう生きていたくないと思ったときも、



他の人間がどう思うかなんてどうでもいいはずなのに、
両親の存在だけが心に引っかかっていました。





だから、ここにいることができる。





・・・でもね、

私はここにいると甘えきってしまう。
厳しい両親ですが、どこまでも優しい両親です。

それに甘えるのがたまらなく怖い。



私がこうなったのは自分のせい。
それはそうです。

でも、

俺がこんな風になったのは親のせいだ!

そんな風に思ってしまう日が来るかもしれません。
いや、正直に言ってそう思ったこともあります。





それが私には耐えられない。

自分がそう思ってしまうことが耐えられないんです。





そう思ってしまったなら、私はもう駄目人間ですらない。

ただの屑ですよ。





世界の誰がどう思おうがどうでもいい。

でも、

自分で自分を許せなくなってしまったなら?





きっとこの世に命を留めるのは不可能になるでしょう。





だからね、私は家を出なくちゃならないんですよ。

自分の心を守るために、ね。





PS.この年になって初めて反抗期が来たんだよ。


4101092079新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫)

宮沢 賢治 天沢 退二郎
新潮社 1991-07



↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:独り言 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
まずは…。
まずは、昨日のお詫びから…。

すみません。
間違えです。

親不孝ではなく、

親孝行です。

(因みに、別の方のコメント欄には、ダンボールと入力したつもりで、ダンベルと入力していたコトもあります。)


申し訳ありません。



クリストフさんは、
反抗期は今までなかったのですか?

そういう方が稀にいらっしゃるとは耳にしますが。

ワタシは、
ずーっと反抗期だったので、不思議な感じがしますが…。



自分にしか興味がない…そういう方がいらっしゃいますよね。

ワタシの知り合いの
著述業をなさっている方が、
自称そうなのですが、

意外と周りに気を配ったり、

自分の書いた本の読者の反応をネットで調べたり、

ワタシからすると、
そうでもない一面もあります。


2012/05/14 (月) | URL | ma shanti mika #vhtaK7/M[ 編集]
春と修羅
>>ma shanti mikaさん
私は・・・反抗期らしい反抗期がなかったように思いますねぇ。
それがいいのか悪いのかはわかりませんが。

>自分にしか興味がない…そういう方がいらっしゃいますよね。

自分のことを他人にどう思われようがどうでもいいということですよ。
ただ、両親をガッカリさせてしまったのが、辛いですねぇ。

両親は何も言いませんが、
私がやりたいことは、あまり快く思ってないのは知ってました。

そういうのはわかりますよ。
2012/05/14 (月) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
初めまして
初コメント失礼致します。

私も遅れた反抗期を今向かえておりまして、この記事で言いますところの屑です(笑

こちらのサイトのいくつか、記事を拝見させていただいたのですが、とても面白いと感じました。
ブックマークに入れて次回から見させていただきますね。
2012/05/15 (火) | URL | 雪狐 #-[ 編集]
銀河鉄道の夜
>>雪狐さん
どうも初めまして、クリストフと申します。

しかしなるほど・・・あなたも屑ですかぁ。
まぁ~・・・心は自分でも思うようには行きませんからねぇ。

>ブックマークに入れて次回から見させていただきますね。

それは嬉しいですね。
いつでも来てください。
2012/05/16 (水) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。