日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

俺のヒーロー私のヒーロー
まぁあの~、私はそれなりヲタクですから、
漫画もね、それなり読みますよ。



で、最近思うんですが、

少女漫画、というより女性作家の漫画は、
なんというか・・・やっぱりちょっと湿った雰囲気がありますねぇ。

人間の生の感情が出ているというか、
自分の嫌な部分の臭いがするというか、

そういう感じはありますよね、やっぱり。




男の漫画でもね、
そう言うのがまったく無いとは言いませんが、

男の漫画と言うのは結局、男の理想像と言いますか、

こうありたい!

と願う姿を描いていますよ。
だから空気はやはりどこかカラっと乾燥しています。



それなりに年齢を重ねた今なら色々と噛み砕いて受け入れることもできますが、
それでもやっぱりね、ジメっとしたのは苦手ですよ。

カラッと爽やかなのが断然好きです。
この辺はやっぱり私が男だからなんでしょうかね?



なんだかんだ、
男はヒーローに憧れますよ。

自分だけのヒーロー

これは男なら絶対に持っていますよ。
それが、どんな姿の英雄であれね。





まぁでも、そう考えた時、
少女漫画の主人公や登場人物は、

やはり女性のヒーロー(いわゆるヒロインではなく)なんでしょうかね?



まぁ私は男ですので、理解できない部分もありますが、

意地悪なライバルにも立ち向かい、
努力し、上を向いている、


そう考えれば、十分にヒーローですよね。


そしてその上で、

カッコイイ恋人がいて、幸せな結末を迎える。

なるほど。
十分にヒーローですよ。

世の女性達が求めるのも肯けます。



でもね、










少女漫画ってエロすぎない?










PS.ヘタな青年漫画よりエロいって絶対。


409182580Xアイアムアヒーロー 1 (ビッグコミックス)

花沢 健吾
小学館 2009-08-28



↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:(´・ω・`) - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
確かに、西炯子なんてエロすぎです。
しかも、モロすぎです。
2012/01/17 (火) | URL | まんがいんく #-[ 編集]
ヤマシタトモコさんも、エロいかもです。
リアルに湿った感じかも知れません。
大好きですが。
(西炯子さんも、好きです!!)
2012/01/17 (火) | URL | 田中雨月 #-[ 編集]
正解だよねww
2012/01/17 (火) | URL | にーチェ♪ #-[ 編集]
最近は
最近はボーダーレス的になってますよね。少女マンガ原作の深夜アニメも普通に面白いです。
2012/01/17 (火) | URL | Aspecchi #-[ 編集]
お久しぶりです!

自分の中のヒーローじゃないけど、自分は北斗の拳のレイが凄くカッコイイなーって思います
北斗は『男なら読んでおくべき!』なんて思ってたりします

あと自分は少女マンガは読んだことないですね(妹が持ってたホスト部を読んだぐらいかな?)
中々機会がないと・・・オトメンとか読んでみたいけど


2012/01/17 (火) | URL | CLJ #-[ 編集]
[e:80]:[e:50]
男は、力。女は産み育てる者。凸凹でしょう?
2012/01/17 (火) | URL | 鎌倉いとう #-[ 編集]
鈴木英雄
>>まんがいんくさん
西炯子さんと言うと、
「娚の一生」を描かれた方ですね?

それだけ読んだことがありますよ。


>>田中雨月さん
ヤマシタトモコさんというと、
「ドントクライ、ガール」を描かれた方ですね。

西炯子さんの漫画もそうですが、
女には勝てねぇなぁ・・・と思わされた漫画でしたよ。


>>にーチェ♪さん
ねえ。
エロすぎですよあんなもん。

小学生に読ませたらいかんですよ。


>>Aspecchiさん
そうですねぇ。
そのキライはあると思います。

少女漫画も恋愛だけがメインで終わる時代ではないようです。

しかし、女性漫画家の作品、やっぱりどっか違うなぁ・・・と感じますよ。
「鋼の錬金術師」もやっぱりアレは女性の作品ですよ。


>>CLJさん
なるほど・・・
まぁ、北斗の拳は男のバイブルですから。

人間として大事な物が全てつまっています。
子供ができたら是非読ませてあげてください。

ちなみに私は、シュウとアインが好きです。
ハーン兄弟も好きです。 ライガフウガも。


>>鎌倉いとうさん
そうですねぇ・・・
究極、突き詰めればそこに行きつくのかも知れませんねぇ。

しかしまぁ、根元としては「人間としてどうあるべきか」ですよ。
2012/01/18 (水) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。