日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

三部作完結
1月1日』と『8日』に、私が振られた時のお話をしましたけど、

アレには更に後日談がありまして。
まぁ、後日談というわけでもないんですが・・・



・・・この話はするかどうか迷ったんですが、

私がどうこうというより、
ネタにしていいのかどうかわからない部分がありましてね。

まぁでも、私も悩んだ結果ですからね。





あの~・・・私ねぇ、あの後軽い女性不信になったんですよ。

そりゃそうですよね。
初めてつきあった女性とあんな事になったんですから。

今ならなんつーこともないんですが、
当時はまだまだ若かったですから・・・



まぁ、そんな感じでね、

もう女なんざいらねーよ

何て風になってたんですよ。



なのでね、





男に行ってみよう!





ってなったんですよ。

まぁ、詳しく言うとそれだけが理由じゃないんですけど、
まぁ・・・若気の至りですよ。





そんなわけで、『そう言う場所』に行ってみたんですが・・・

こっから先の話は、
冗談抜きで学生には見せられない話になりますので、

続きは追記から。





PS.18才未満は絶対に見ないように! 今回は絶対だぞ。


4835539311逆18禁

山田 祐輔
文芸社 2002-05


↓のランキングもよろしくお願いします。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

・・・まぁ、そんなわけでね、

男に行ってみようと思って、
『そう言う場所』、いわゆる、

ハッテン場

に行ってみたわけなんですが、
まぁあの~・・・色々と面白い場所でしたよ。



ネットで色々調べて、
大阪にもそんな場所があるというのでね、行ってみたわけなんです。

怖いとかそういう感情は無かったですよ。
どっちかって言うと楽しみでした。

私は普段は出不精で部屋から動かないですけど、
思い立ったら躊躇無い方なんです。

好奇心は元々旺盛な方ですから。




まぁ、具体的な店名は言わないですけど、
なんか色々と面白いところだなって思いました。

ちっさいところでしたけど、
まずはお金払ってロッカーの鍵と、何故かワンドリンクの券をもらいましたね。

お酒は無くてお茶しかなかったように記憶してますが。



そしてこれまた狭い個室・・・畳一畳くらいですよ。
部屋と言うより、敷居で囲っただけって感じでしたね。

漫画喫茶に近い感じです。
部屋が空いているなら自由に移動可能でした。


部屋の中には座る椅子と、
ゲイ向けのAVがテレビから流れ続けてるんです。

何故か洋物でした。


個室にはのぞき窓の様なものがあり、
隣の部屋が覗けるようになっているんです。

まぁ、もちろんのぞかせないように隠すことも可能ですが。



そしてこれが一番感心したんですけど、
メモ帳とペンも置いてあるんですね。

これは何故かというと、
声をかけるのが恥ずかしい人用の物なんですよ。

のぞき窓から渡せるようになっているわけです。
これには普通に感心しましたね。




まぁ、そのお店はそんな感じでした。

しかし、私がそのお店に行った時は夜の11時くらいだったんですね。
私は遅い方がいいのかと思って遅めに行ったんですがね。

でも、その店は12時に閉まっちゃうんですよ。

後から聞いた話なんですが、
ハッテン場というのは、7~9時くらいが一番盛り上がってるそうですよ。



なのでまぁ、お客さんがほとんどもういない、というか、
私の他にはもう一人しかいなかったんですよ。

なので当然その人に行きますよね。



その人は・・・ホント見た目は普通のおっさんですよ。
30~40くらいの。 中肉中背、太ってもいない。

その辺歩いててもゲイだとかわからないと思います。
ひょっとしたら結婚とかもしてるかも知れません。



まぁ、そんな感じの人だったんですが、
その人のいる個室の隣に入り、ここでメモ帳ですよ。

さっそく役に立ったわけです。



まぁ・・・具体的な文章は書きませんが、
色々メモ帳でやり取りして、

初めてなので色々教えてくれ

とか、そんなことを最終的に書きました。





そんでまぁ・・・その人はタチウケどっちでもイケる人だったんですが。

ああ、タチと言うのは攻める方、
ウケと言うのは受ける方のことです。

そんなもん私がウケに挑戦ですよ。

ここまで来たらそうなりますよ。




しかしね、その人、
チ○コでっかいんですよ。


男「初めてで大丈夫?

俺「気にしないで


なんつってやってもらおうとしたんですが、

無理でした。




狭い個室で壁に手をついて、後ろから入れそうとすると、

いてててててッ!

なんつってね。
そりゃそうですよね。




まぁ、そんな感じでほぼ入らずに指だけ入れてみたり、
口でしてもらったり、

私はしてもらいっぱなしでした。


いい人に当たったんだと思いますよ。

始めてて何もわからない私に色々教えてくれて、
優しくしてもらいましたもの。

最後にキスして別れました。


そんな思い出ですよ。





・・・いかがでしたかね?

私のこの思い出。



まぁ、気持ち悪いだなんだ言う人はいるでしょうが、

でも、そう言う人は現実にいるわけですし、
そういう場所じゃないと知り合えない人もいるわけですよ。

私は自分でも不思議とそう言う部分には気持ち悪いとかいう感情がないんですよ。



それよりもね、
私は純粋に好奇心で色々と知りたいんです。

女より男の方が気持ちいい

そんな言葉もありますよ。
それが本当かどうか知りたいじゃないですか?

それは体験しないとわからないわけですよ。










でも結論として、俺は女の方が好き。










それがわかっただけでも収穫だったわ。





PS.続けていけばまた違うのかも知れないけどもさ・・・


B005BB8WGC神様のメモ帳 Ⅰ 【初回生産限定版】 [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-09-28




↑のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
大変興味深く読ませていただきましたm_ _m
知る事は、大変面白いですね、ホントに。
真面目に面白かったです。

>最後にキスして別れました。
コレが一番の驚きで、ある種、収穫でした。成る程、と。
2012/02/01 (水) | URL | 田中雨月 #-[ 編集]
前々から気になっていたんですが、遂にその全容を知ることができて良かったです。

私は行ったことないんですよね。
過去に一度、旅行中に寝床を求めて入ろうとするも、私が泥酔し過ぎていて入店を断られた事ならありますが…。

その人が最初で最後の男性なのでしょうが、良い人に出会えて良かったと、他人事ながら胸をなで下ろします。

どの世界でもそうですが、変な人はやっぱりいるので。


ちなみに私が入店拒否されたところでは、最初にプロレスのマスクが渡されます。(顔を隠すため?)

人生色々、発展場色々ですね。
2012/02/02 (木) | URL | ぺらん子 #-[ 編集]
こんばんわ!
私は早く彼女が欲しいです。
結構切実(´・ω・)

世の中にはこんなにも女性がいるのに彼女がなぜにできない!(笑)
永遠の謎である。
2012/02/02 (木) | URL | 赤鈴(アカスズ) #-[ 編集]
ファントムブラッド
>>田中雨月さん
まぁ、知らなくていいことなんてこの世にはいっぱいあるんですが、
知らないとわからないこともいっぱいありますからね。

でも、これはどちらかと言うと知らなくていいことの方だと思いますよ。

>コレが一番の驚きで、ある種、収穫でした。成る程、と。

私は誰に対しても丁寧ですから。


>>ぺらん子さん
同性愛者の方でもそう言うところに行くのは抵抗あるって言う人結構いますね。
まぁ、ぶっちゃけた話、「やりたい奴」が集まる正直な場所ですからね。

普通の男女でこんな場所があれば、
私入り浸ってしまいそうですが。

まぁでも、こういうところが必要になる人がいるのも確かなわけですからね。

>どの世界でもそうですが、変な人はやっぱりいるので。

そうですねぇ。
後から聞いたり考えたりして、やっぱり危なかったとは思いますね。

私はそう言うところは結構無鉄砲なところがありますから。
良い人にあえてよかったですよ。

>最初にプロレスのマスクが渡されます。

それちょっと面白いですね。


>>鈴(アカスズ)さん
私はモテる人間じゃないので、
アドバイスはできませんが、

>世の中にはこんなにも女性がいるのに彼女がなぜにできない!(笑)

これはアレですよ、
それと同じ数だけ男もいるからですよ。

というか、男の方が若干多いですからね。
ほっといたら自動的に余るということです。
2012/02/02 (木) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。