日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

ぼくたちのリアル
現在はまぁ・・・大学まで出るのが一般的なんでしょうかね?

そうすると22歳で否応なく社会に出て行くわけです。





まぁ、私は留年やら浪人やらやってるので、

もうちょっと歳行ってましたが。






・・・まぁ、そんなことはいいとして、
大学を出れば否応なく社会というモノに出て行かざるを得ないわけです。

そして、社会に出るというのは、
本当になんと言うか・・・リアルになるんですよ。

一気に生きることがリアルになるんです。



本当にね、学生のうちは夢のようだったなと今になって思うんですよ。

でもね、夢のような楽園だったのかというと、
そういう意味じゃないんです。

学生には学生の悩みがあります。
私はそれを否定する気も馬鹿にする気も矮小化する気もありません。

中にはその辺の大人よりも辛い現実を生きている人だっているでしょう。



そういう意味じゃないんです。

なんというか・・・現実味がなかったといいますか、
自分の力で生きているわけではないじゃないですか?

働かなくても困らない、
家事はしてもらえる、
ご飯は放っておいても3度3度でてくる、
言われた勉強だけしていれば何も言われない、褒めてもらえる、


そんな生活ですよ。
まぁ、あくまでも一般的な学生の話ですけど。



まぁ、学生のうちから現実のリアルを見つめて生きてきた人はいるとは思いますよ?

しかし、モラトリアムであった人は多いでしょうし、
何となく生きているから生きている、

そんな風に過ごしている人、いた人のほうが多いと思います。
少なくとも私はそうでした。





そんな生き方をしていて、
二十歳・・・になった時だったか・・・

夢の終わり

が見えたんですよね。
そんな生活がいつまでも続くわけじゃないんだと。



・・・いや違うな。

本当はもっともっと前から知っていたんですよ。
心のどこかではわかっていた。

時間切れが近づいて、焦り始めたと言うのが正しいかもしれません・・・




まぁ、それはいいんです。

時間は否も応もなく流れていくものですから。




まぁ、そして現在ですよ。

まだまだ迷いつつ惑いつつ、
それでも何とか生活を始めています。

夢から覚め現実に触れ、
仕事をし、金の貰い、家事をし、毎日ちゃんと寝起きする。

そんな人間らしい生活を送っています。



・・・いやになる位にリアルです。

他の人もそうなんでしょうね。
リアルを生きていますよ。





・・・この前ね、
近所のスーパーで惣菜を買っている中学のときの同級生を見かけたんです。

同じクラスで勉強したり、おしゃべりしたり、
テストでウダウダしたり、マラソン走ったり、

そんな同級生が惣菜を買っていたんです。



その時、私はね、










ダッシュで逃げました。










PS.いやだって、超久々に見たのが惣菜コーナーなんだよ? リアルすぎる・・・


B0000896OWぼくたちの失敗~森田童子ベストコレクション~(CCCD)

森田童子 千代正行 比呂公一 石川鷹彦 木森敏之 木田高介 若草恵
EMIミュージック・ジャパン 2003-03-05


↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:つれづれ日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
変化
拘束時間から言ったら、高校より大学の方がずっと少ないですから、社会人になったときのギャップは大きいですよね。就職と同時に1人暮らしを始めた人ならなおさらです。逆に大学も実家、就職してからも実家の人は変化は少ないんじゃないでしょうか? 責任は別にして。
2012/06/22 (金) | URL | Aspecchi #-[ 編集]
はじめまして。

リアルな現実からは逃げられない・・・。

否応なしに待っている現実・・・。

でも、現実は作れるし、世界は思った以上に広いもんですよ。

価値観はいくらでも広がります。

どうせなら広い世界で大冒険したいですね。
2012/06/22 (金) | URL | リセット #-[ 編集]
こんにちは
訪問をありがとうごさいます。
私は今暗闇のが後ろから迫ってくる中にいます。
ですから私はダッシュで逃げています。
(笑)
梅雨ですのでお体にお気を付けください。
2012/06/23 (土) | URL | ようこ #-[ 編集]
こんばんわ
えー?なんで 「 よう、ひさしぶり 」とか声をかけないんですか?
素人だったら絶対絶対声かけますよ。
友達じゃなくて、道で出くわしたら思わず回れ右して逃げたくなる相手はいっぱいいますけど。前職の上司とか。
2012/06/23 (土) | URL | 素人 #-[ 編集]
ぼくたちの失敗
>>Aspecchiさん
まぁ、そうですねぇ・・・
私は卒業しても今の今まで半分適当なままで生きてきましたから。

まぁ、今も一人で住んでいるわけじゃないですけど、
そろそろその辺も色々とリアルな年齢ですよ、私も。


>>リセットさん
どうも初めまして、クリストフと申します。

まぁ、その通りですね。
現実なんていうものは結局自分が作っていくものです。

理想があるならそれに近づけるように行動できるのが人間です。


しかし、それを実際にやるのは軽い話じゃないですよ。
ボロボロになりつつ、自分の感性を守って生きるのは簡単じゃありません。

まぁしかし、そんなことは私なんかに言われなくても、
みなさん知っていることでしょうけどもね。


>>ようこさん
そうですかぁ・・・
まぁ、私にはどういうことなのかはわかりませんが・・・

わき目も振らずに逃げることも必要な時ってあると思いますよ
最後になんとかなればそれでいいんです。


>>素人さん
いやぁ・・・友達だったならそうしてたでしょうけど、
友達じゃなくて、「同級生」だったんですよ。

分かりますかね? この微妙な距離感。
2012/06/23 (土) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。