日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

そんなことより野球しようぜ!
野球において、
投手は調子がいいとき、

どこに投げても打たれる気がしない

と思い、
逆に調子が悪い時は、

どこに投げても打たれる気がする

と思うそうですよ。
まぁ、心理的なものなんでしょうね。


そして偉大な大打者は、
そんな投手の調子に良し悪しを超えて、

常に「どこに投げても打たれそうな気にさせる

そんな威圧感や雰囲気を持っているそうですよ。



どこに投げても打てる、
いわゆる、

ストライクゾーンが広い」という奴ですよ。

得意なエリアが広いということですね。





さて、ここで話は変わりますが、

この野球の得意エリアから派生して、
異性に対する好みをストライクゾーンと呼んだりもしますね。

年上が好き年下が好き、
背が低い人が好き高い人が好き、
大人しい人が好き元気な人が好き、

そういうのは誰にでもあるものです。
みなさんはどうですか?





私ですか?



・・・私はねぇ、










物凄く広いんですよ。










本当にこれは尋常じゃない広さなんです。

岩鬼は悪球打ちでど真ん中は打てませんが、
私はど真ん中から全部打てますよ。

来る球なら全部打てると言って過言じゃありません。
これが野球なら私は名球会殿堂入りです。




・・・しかしね、これは逆に言うと、
なんでもいけるということは、特別好きなものがないということなんです。

私は実はタイプというのが本当にない。

年下も年上も、
顔のタイプも性格も、

本当に「これが好き!」というのがないんです。



どんな人がタイプ?

という質問は生きていれば時々聞かれたりもしますが、
いつも答えに困ります。

考えても本当に答えは出ません。



例えば、歳で言うと法律が許す範囲は全部行けますからね。
10代だって五十路だって私は行けますよ。

エロ本読むときだってその日の気分次第ですよ。
ジャンルはバラバラですよ。 SでもMでもいけますよ。

節操がないとも言いますが。





・・・まぁ、特別好きなものがないということは、
特別に嫌いなものもないということ。

自分で言うのもなんですが、
本当にストライクゾーンは広いと思いますよ。










しかし投げてくれる人がいない。










PS.一人じゃキャッチボールもできないぜ。


4086170612キャプテン 1 (集英社文庫―コミック版)

ちば あきお
集英社 1995-08-18



↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:(´・ω・`) - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
流石!!
「どこに投げても打たれそうな気にさせる」

相手の気持ちを動かす事が一番良い考え方ですよね。(どんなことにおいても)

そのことをわかっているあなたは凄いい!!

ねえ できる男性なんだから早く結婚しようよ(^_^)
2012/11/13 (火) | URL | ようこ #-[ 編集]
気分次第
いつも気分次第でブログランキング全部押したり、1つ押したりするのですが、今日はど真ん中を1発押しときました。

幸あらんことを…
2012/11/13 (火) | URL | 腹黒烏龍茶 #-[ 編集]
谷口タカオ
>>ようこさん
まぁ、これは大打者の話ですので・・・

大打者というのは貫禄やオーラをまとっていますよ。
だから説得力があるわけです。

そしてそこに至るには、やっぱりそれだけのことをしないと・・・


>>腹黒烏龍茶さん
そうですか・・・
どうもありがとうございます。

これでまたダメ人間度が一つ上がりましたよ。
2012/11/14 (水) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。