日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

中二病でもブログがしたい!
私は今はもうアラサーのおっさんですがね、
そんな私でも若いころと言うのはあったわけでして。

若いころの私はそれはもう・・・





まぁ、あんまり今と変わってないですね。

少なくても高校生の頃にはもう大体こんな性格でしたよ。
今よりもうちょっと女性が苦手だったとかありますけど。

こんなんでもそれなりに人見知りも軽くなったんですよ。
こんなんでもね。



まぁ、それはいいとして、

中学生の頃はね、やっぱり若干の中二病ではありました。
バンド組もうぜ!」的なことも言ったりしてました。

他にも何やかやありましたが・・・何でなんでしょうかね、アレは?




何で人ってその辺の年齢であんな風になってしまうんでしょうかね?

『ジュブナイル

という分野も存在しますし、
これは日本人だけの固有のものではないように思いますよ。

はやり精神の発達上での出来事なんでしょう。



まぁでもしかし、
決してその頃の自分を馬鹿にするわけではないんですがね。

今思っても正しかったなと思うようなこともありますし。



幼さ故の純粋性や高潔性と言うのは、私は重宝すべきものだと思いますよ。

そんなもんだから

そんな言葉で納得しかねないものがある私は、
未だに中二病なんでしょうかね?






・・・まぁ、それはいいとして、

中二病でも恋がしたい!

なんていう作品がありましたが、
むしろ中二に恋ってのはある意味でメインなんじゃないでしょうかね?



私はいわゆるその手の中二妄想で、
ヒロインが存在しないものを見たことがないですよ。

異世界に召喚される物語でも、
謎の組織と戦うことになる物語でも、
学校がテロリストに占領される物語でも、

自分の隣にはヒロインが存在しているんじゃないですか?



私が思うに、
中二病というのは思春期の性衝動とは密接にかかわっていると思いますよ。

私は男故に女性の中二病はよくわかりませんが、
女性を知らない少年の性は、肉体的であると同時に精神的でありますよ。

自分も女性も、美しくありたいのですよ。




まぁ、少年の性の話はここら辺で終わるとして、
あの作品を見ていて思ったのが、

あんなに前面に出す奴はいないだろ

ってことなんですよ。



私は中二病にならない奴は存在しないとまで考えている人間ですが、
(まぁ、程度のほどはおいておいて)

あそこまで端的な奴もいないだろうと思いますよ。
まぁ、いないだろうから作品になるかもしれませんが。



中二病というのは思春期の少年少女のものですから。

そして先ほども多少言いましたが、
その時期はたぶんに精神的ですよ。

そういう物にあこがれていても、

俺だけなんだろうな

なんて風に心の中で思っちゃってるのが真の中二病ですよ。
まぁ、恥ずかしがり屋なんですね。



そして意味わからんものに憧れますよ。
今から考えれば何のカッコよさもないんですがね。

中二病自体は否定しませんが、
これだけは本当、若気の至りとしか言いようがありませんよ。



まぁ、女性にもわかりやすいように例えると、

タキシード仮面ですよ。

あんなもん、今から考えればただの変態ですよ。 色んな意味で。
あんなもんに憧れるとは・・・恐ろしいものです。




まぁ、そんなこと言いつつ、
いまだにカッコいいものはかっこいいですよ。

まぁ、これは一つの例えですが、










霊幻道士のラム先生










マジでカッコいいんですよ、これが。
画面の中に映っているだけで、

ああ、助かったんだな

とか思えるレベルの安心感ですもの。

桃の木の剣とかお札とか、
その辺も中二心をくすぐりますよ。

5円玉で銭剣を作ったこともありますよ。





・・・まぁ、今日は長々書いてきましたが、

結局、今日の日記で言いたいことはですね。










このブログもそのうち黒歴史になるんだろうなってことだよ。










PS.いやでも、なんかこのままダラダラ10年とか続けてそうな感じもするしなぁ・・・


B009A5R31K中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]

ポニーキャニオン 2012-12-19




↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
今でもオレは厨二びょうさ
きっと
2013/03/03 (日) | URL | xx #-[ 編集]
富樫 勇太
>>xxさん
私は中二の時に思ってたというよりも、
もっと小さい時から思ってた、

というか、自分の芯や根幹の部分で変わってないと思いますよ。
それがいいのか悪いのかはわかりませんが。

突き詰めれば私は歳を取った子供です。
2013/03/05 (火) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。