日々是普通
テキストサイトを、もう一度。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

スピードワゴン財団
クリス「ハイ、どうも~! 『クリスとトーフ』のクリスで~す!」

トーフ「ハイハイ。 どうも。」

クリス「僕ら月一でこうやって漫才させてもらっているコンビで・・・
    ああ、コンビと言っても同一人物、良い心と悪い心でやっております。」

トーフ「そんな感じで今日もやっていきましょうかね。」

クリス「いや~、それにしてもアレですね、寒くなってきましたね。」

トーフ「お前も寒いよ。」

クリス「そんなんええねん。 ていうかそれ前もやった。」

トーフ「まぁ、二年近くもやってたら、ネタなくなってくるからね。」

クリス「アレ? ブログは2周年ちゃうの?」

トーフ「この漫才はちょっと遅れて始まったから・・・18回目くらい?」

クリス「中途半端やな。」

トーフ「しかしさ、この漫才のネタとか全部含めて700本以上記事書いたんやで?
    それも毎日毎日、一人だけで。」

クリス「いや、だから、リアルな話をここでするなっての。」

トーフ「どれだけ暇やねん!」

クリス「確かに・・・」

トーフ「所でちょっと話変わるけどな。」

クリス「急やな。」

トーフ「いや、全然違う話ってわけでもないんやけども。」

クリス「どないやねん。 で、何?」

トーフ「あんな、左に『全記事タイトルページ』とかいうのあるやろ?」

クリス「あるな。」

トーフ「あれな、全記事とか言ってるけど、
    全部表示できへんねん、実は。」

クリス「へ~マジで?」

トーフ「本当よ。 多すぎて表示できへんねん。」

クリス「まぁ、そこまで記事書く人いないってことやろうかね?」

トーフ「ブログやってみて、三日で放置しちゃう奴とかいるやろ。」

クリス「いるやろね。」

トーフ「そこで見てるお前だ!」

クリス「誰に向かって言ってんねん!」

トーフ「で、右には『検索フォーム』ってあるやろ?」

クリス「あるな。」

トーフ「あれで見たい記事探したりするんやけど、
    ぶっちゃけ凄い使いにくいねん。」

クリス「どういうこと?」

トーフ「例えば俺らの記事やったら、『クリス』やったらいっぱいひっかるからダメ。
    文字で探すから、『クリストフ』とかも引っかかっちゃう。」

クリス「『トーフ』ならいけると。」

トーフ「『トーフ』でも他の記事引っ掛かったりする。」

クリス「ああ・・・たまに普通の記事でも俺らの事を話題にしてたりするからな。」

トーフ「だからね、結局ある程度覚えてないと意味ないのよ。」

クリス「使いにくいな。」

トーフ「無料なんてそんなもんやで。」

クリス「そうかもしれんなぁ。」

トーフ「fc使えんな。」

クリス「そこに文句言うな!
    スポンサーに文句言ってるようなもんやぞ。」

トーフ「使えんもんは使えんもん!
    その気になれば事務所移籍したらええねん!」

クリス「事務所ちゃうやろ!」

トーフ「いやでも、悪い所は行っていかんと。
    そういうの無視しだしたらその企業は終わりよ、ホント。」

クリス「それはまぁ、なぁ・・・」

トーフ「大体、昨日だってそうよ。
    せっかくの2周年やったのに、またブログ見れない様になってたんやぞ!」

クリス「たまにそういう時あるよね。」

トーフ「あれやられると困んねんマジで。」

クリス「まぁ、確かにね。
    まず見て貰わんことにはどうしようもないからな。」

トーフ「お客さんもシラケると。」

クリス「なるほど。」

トーフ「そんな小さいことちゃうねん!」

クリス「なんやねん・・・」

トーフ「いいか? 見れないってことはお客さんが来ない。」

クリス「そこはわかる。」

トーフ「お客さんが来ないってことは、ファンになってくれたであろう人も来ない。」

クリス「うんうん・・・」

トーフ「そのファンになってくれた人は、
    女性で美人でお金持ちで性格もよく妙齢である可能性がある。」

クリス「う~ん・・・」

トーフ「そしてそっから親しいお付き合いが始まる可能性もあるわけ。」

クリス「・・・」

トーフ「そして最終的にはハッピーエンドでブログが終わる可能性があったわけ。」

クリス「終わるんかい!」

トーフ「可能性は常にゼロではない。
    しかし、fcがちゃんとしてくれないとゼロになるわけよ。」

クリス「まぁ、それはな・・・」

トーフ「故に、猛省を要求する。」

クリス「筋自体はとおってるけどもやな・・・」

トーフ「・・・というネタの記事を書いたこともあったね。」

クリス「え! それが今日の話のオチ!?
    ・・・もうええわ。」

クリス・トーフ「どうも、ありがとうございました~!」










PS.そんなこともあったなぁ・・・


B0002XVT2Sスピードワゴン DVD-BOX

ホリプロ 2004-10-20



↓のランキングもよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
ブログランキング
貴方がこの3つのボタンを押すことで、
       
この地球上のとある人間が幸せになります。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
遅ればせながら、2周年おめでとうございます!!
そういえば、調子おかしかったですよね。
でも、使いやすいんですよ、ココって。

寒くなると、人肌が恋しくなりますから、
って、違いますか。
2012/11/19 (月) | URL | 田中雨月 #-[ 編集]
2周年おめでとうございます
実はFC2の前にアメブロや楽天も考えたけど
FC2の続きを読むの使いやすさに今も使ってます
記事、そんなん俺の適当に思ってる事の書き殴りだがな
2012/11/19 (月) | URL | xx #-[ 編集]
小沢一敬
>>田中雨月さん
どうもありがとうございます。

まぁ、そうです。
何だかんだでここが一番使いやすかったです。 私にとってはね。

>寒くなると、人肌が恋しくなりますから、

そうですねぇ。
寒くなるとそうなりますよ。

別に私は夏でもいいんですが。


>>xxさん
どうもありがとうございます。

まぁね、私も始めるときはいろんなブログ考えましたけど、
一番使いやすさがいいということでここを使ってますよ。

今も違うところに行く気はないですね。
慣れてしまいましたしね。
2012/11/20 (火) | URL | クリストフ #Gunbb4dY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 日々是普通 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。